読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリートークがなかなかよく出来たよ

最近は英語のレッスンにおいて、スピーキングの教材を使うことを試しています。文法教材に疲れたのです。

 

文法教材を使ったレッスンの流れは以下のようになっています。

  1. お題となる文法の説明
  2. 新出単語の発音
  3. 例文会話を使ったロールプレイ
  4. 例文の内容に関する問題
  5. 該当文法を使用したエクササイズ
  6. 該当文法を使ったフリートーク

 

5番と6番以外は、基本的にテキストに書かれている内容の音読みたいなもの。5番もほぼ穴埋めみたいなもんなので、自分で文章構築して喋るのは6番だけなんですが、時間の都合で6番まで辿り着けずに終わることもしばしば。

 

ある世界的な英語教師が「文法は絶対に勉強するな」と言っていたことの影響もあって、最近はもっぱらスピーキング教材でのスピーキング練習を主に行っています。

 

フリーカンバセーションだと、なかなか自分の言いたいことを表現しきれずにモヤモヤしたレッスンになってしまうのですが、ウンウン唸りながら毎日レッスンしてたら、段々と会話が成立するようになってきました。

 

「こんなん無理だわ」と感じることでも、長く続けているとなんとなく出来るようになるもんだなぁと実感しています。

 

そして、どれだけ拙い表現であっても、強く伝えたいという気持ちがあると、なんとか伝わるもんですね。

 

最近は「あなたと喋るのはとても楽しいわ。次も私を選んでね」と言ってもらえることが多く、リップサービスの要素も多分にあるにしても、以前よりもそんな風に言われる回数が大幅に増えているので毎日ウキウキした気分で日常を生きることが出来ています。

 

キャバクラかよ!!

 

よろしければこちらからどうぞ。

 

広告を非表示にする