読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱状態と躁状態

最近とてもエナージェティックな状態が続いていたが、実はこれは衝撃的な出来事があったことによる一時的な躁状態だったんだと思う。

 

衝撃的な出来事の直後は極端な鬱状態だった。1日どん底まで落ち込んでから持ち上げた結果、躁状態がしばらく続いていたようだ。

 

テンションも高いし、ポジティブですごくやる気に溢れていた。何でもできそうな気がしてどんどん変わっていく自分にワクワクしていた。ところが、人間のマインドは常にバランスをとるようにできているのか、実はここ最近少し鬱気味だ。

 

しかし瞑想の効果なのか、不安になったり落ち込んだりしても、切り替わるまでのスピードが速くなったような気がする。瞬間瞬間は落ち込んだり不安になったりするけど、「楽しくないから考えるのや〜めよ」とか自分の中のモードをすぐに切り替えるようになった。

 

常にマインドは変化し続けるから、不変であるはずはない。諸行無常

 

躁状態になっていれば誰だってそりゃテンションは高い。でも常に躁状態にあったら、やっぱそれは少し異常な気もする。20年前の自分がそんなだったような気もする。脳天気だった。

 

精神的に安定しているというのは、落ち込むことが少ないとか立ち直りが早いとかそういう状態を言うのだろう。

 

だから落ち込んだって大丈夫。それは次にテンションが上ったときにそれを感じる為に今落ち込んでいるんだから。すべてのストレスはリラックスを感じる為にあり、全ての生は死を体験する為にあるのだろう。

広告を非表示にする